HOME > 有明成仁病院の総合案内

有明成仁病院の総合案内

有明成仁病院の総合案内です。

 

外来について

  • 乳幼児から高齢者の方まで、あらゆる方に対する初期の病気に対する診断・治療を行います。
  • 胃カメラや大腸ファイバー、CTなどの機器を用いた精密検査を行い、病気の早期発見に努めます。
  • 特定健診(メタボ検診)やミニドックをはじめとする様々な健康診断も実施し、皆様の健康づくりをお手伝いします。
  • 必要に応じて、他の医療機関へのご紹介や、連絡・調整を行います。

 

 

神経内科のご案内

 

 当院では毎週水曜日、熊本大学の神経内科専門の先生による診療を行っております。

神経内科は、内科の中でも特に精神的な問題からではなく、脳や脊髄、神経、筋肉に病気があり、体が不自由になった方を専門にみるところです。

 

①しびれ       ②めまい

③うまく力が入らない ④歩きにくい

⑤ふらつく      ⑥手足や背中がつっぱる

⑦体がふるえる    ⑧食事中にむせる

⑨しゃべりにくい   ⑩ものが二重に見える

⑪頭痛がする     ⑫ものわすれがひどい

 

上記などの症状があった場合には、ぜひ神経内科をご受診ください。

ご自身の症状が神経内科を受診した方がよいものかどうか判断に迷う場合には、おかかりになる前に一度、電話でお問い合わせいただいても結構です。

 

肝臓内科・消化器内科のご案内(第4土曜日を除く毎週土曜日診察)

 

B型慢性肝炎の治療

・核酸合成阻害薬内服による抗ウィルス療法

・48週間のペグインターフェロン長期投与療法

・上記適応外の患者さまに対する、肝機能を改善する強力ネオミノファーゲンCの注射やウルソデオキシコール酸の内服

C型慢性肝炎の治療

・ペグインターフェロンと経口抗ウィルス薬の併用による抗ウィルス療法(2剤併用もしくは3剤併用療法)

・経口薬2剤併用療法(インターフェロンフリー治療)

・肥満による脂肪性肝炎の治療

・原発性胆汁性肝硬変症、自己免疫性肝炎など国指定難病の治療

・肝臓癌に対するラジオ波凝固療法

・食道静脈瘤に対する内視鏡結紮術

・ヘリコバクタ・ピロリ菌感染による慢性胃炎に対する除菌療法

・胃カメラ検査、大腸カメラ検査

・大腸ポリープ切除術

・その他潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患、胃癌、大腸癌などの悪性新生物の診断、治療など肝臓、消化器疾患全般について経験豊富な肝臓専門医、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医が懇切丁寧に診療しております。御相談をお待ちしております。

 

診療医:本多敬和

昭和58年熊本大学医学部卒業、平成7年熊本大学大学院医学研究科修了

日本肝臓学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本がん治療認定医機構認定がん治療認定医、日本医師会認定産業医、臨床研修指導医、日本内科学会内科救急・ICLS講習会(JMECC)インストラクター、日本救急医学会ICLSインストラクター

CIMG9510 

 

医療療養病棟(医療病棟)

  • 医師を中心としたスタッフによるチーム医療を実践。お一人お一人に合わせた治療を行います。
  • 入院時から退院に向けた準備を行い、退院後も様々なサービスが受けられるように連絡・調整を行います。
  • 脳血管疾患や骨折など、急性期の治療後(病状が安定した後)のリハビリを主に行います。
  • 医学的な管理の下で、社会復帰を目指したリハビリや慢性疾患の治療の継続ができます。
  • 難病(パーキンソン病・脊髄小脳変性症などの特定疾患)、や肝臓疾患等にも対応し、各専門医が治療にあたります。

 

 

回復期リハビリテーション病棟

  • 退院までの間、集中的にリハビリ訓練をしていただくための病棟です。
  • 自宅退院を目指し、特に日常生活動作訓練を重点的に行います。
  • 集中的なリハビリをおこなうことにより短期間での回復を促します。

 

 

一人の患者さまに対して、チームでサポートをおこないます。

病棟すべてのスタッフがチームを組み専門性を生かしながら援助していきます。

リハビリの時間以外でも看護師、介護士とともに座る、立ち上がる、歩く、食べる、トイレ動作など日常生活動作の自立を促し、自分でできる動作を増やすことで、より「生活に近づく」ことを目的としています。

 

退院後の目標の設定をおこないます。

退院後の目標は大きく2つあります。

①自宅復帰・・・退院後はご自宅での生活を目標にする
②施設入所・・・ご自宅での生活は困難であり今後は施設での生活を目標とする

 

ご家族と話し合い(カンファレンス)をおこない、目標に向けて治療計画を進めていきます。

 

リハビリスタッフによる自宅訪問をおこないます。

理学療法士や作業療法士がご自宅を訪問し、住宅改修や福祉用具の活用についてアドバイスをおこないます。

また、退院を想定した外出・外泊訓練を計画する場合もあります。

 

 

介護療養型病棟

  • 医師・看護師を中心とした医学的管理と介護職員による生活面の両方のサポートを行います。
  • 生活の中に楽しみを持っていただくためにレクレーションとして季節の行事やお誕生日会の他、体操、園芸や創作などの趣味活動を行います。
  • 短期入所(ショートステイ)も実施。介護者の方が一時的に介護できない場合や、リハビリなや経管栄養管理が必要な方の受け入れを行っています。

 

 



▲ページ上へ移動